TOP>>参加要項・契約書



参加をご検討
の皆さまへ
事業目的 参加対象 参加条件
活動場所 日程・定員・
参加費など
往復の交通 申込方法と
参加までの流れ
空予約禁止について
(からやよくきんし)
申込後の コース・組
その他変更について
キャンセルについて 手数料等について
飲食について
(アレルギーなど)
身体について
(アレルギーなど)
常備薬について 伝染・感染症病に
ついて
夜尿について お風呂(入浴)
について
集団活動が苦手、
障がい等について
安全および
傷害保険について
当日病院に
かかった場合について
当日の参加者
保護者責任について
指導者・
スタッフについて
相談員
(ボランティア)について
指導方針と
接し方について
グループ(班)
構成について
集合・解散時間
厳守について
持ち物について
持ち込み禁止物 当日の
所持金について
開催中止について 個人情報保護
について
 


事業目的

冬の期間でしか、またはそこでしか味わえない自然環境で様々なことを体験し、青少年の心身の健全育成を図ることや自然環境の大切さ、すばらしさを学ぶことを目的とします。また生活環境や年齢、性別その他様々な仲間が出会い交流しながら様々な体験をすることによって、様々な他人との付き合い方、様々な自分との付き合い方を考えるきっかけとし、互いに「自立心」や「生きる力※」を養い合い、将来的な人間形成の土壌をつくることを目的とします。 

 ※生きる力とは、
自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力、自らを律しつつ、他人と協調し、他人を思いやる心や感動する心など豊かな人間性とたくましく生きるための健康や体力
〜中央教育審議会答申より〜

これまでも、これからも実社会は、変化の激しい、先行き不透明な、厳しい社会と考えられます。

生きる力」とは「生きる(存在する)」ことを意味しているのではなく「生きぬく」力を意味しています。
 机上や紙面の知識でなく、仮想空間の言動ではなく、生きていくための「知恵」と「行動」を養う必要があります。長年の人間社会や文化が築いてきた知識や経験を基礎にしながら、社会生活で実際に生かされるものでなければなりません。自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する能力、自らを律しつつ、他人と協調し、他人を思いやる心や感動する心など豊かな人間性とたくましく生きるための健康や体力を養うこと、つまり「生きる力」を育むことが、変化の激しい、先行き不透明な、厳しいこれからの社会や時代には特に必要です。


参加対象
年長さん、小学1年生〜中学3年生までの男女
 ※対象学年であっても参加できない(または困難な)場合もあります。
 ※福井県在住の方
 ※本キャンプ・合宿の目的や主旨に反する場合、下記の条件を守れない場合、
   参加者ががんばろうとしないなど
   (詳しくは、[募集要項・参加契約書]内の該当項目をご覧ください。)



参加条件
@自立・自律の心を持って自分で参加の決意をし「キャンプ・合宿の五ヵ条ルール」及び「生活の基本心得」を
  守れし者(「キャンプ・合宿の五ヵ条ルール」及び「生活の基本心得」はこちら
A不便なキャンプ・合宿にも対応でき、快適でない環境でもがんばれ、新しい仲間を自らつくれし者
B[募集要項・参加契約書]など募集資料記載事項すべてに理解・賛同・承諾できる保護者の方
  申込書を当校に送信・送付した時点で、[募集要項・参加契約書]など募集資料記載事項すべてに
   理解・賛同・承諾したものとみなします。



■活動場所
福井県大野市六呂師地区および市内外
宿泊場所:福井県立奥越高原青少年自然の家
宿泊施設は、青少年や青年の健全育成を主とした宿泊施設で一般のホテルや旅館ではありません。学習目的の野外活動施設で、自立協働をテーマにしています。宿泊に必要な物(歯ブラシ、シャンプー、ソープ、タオル等)は、各ご家庭(できるだけ参加者自身)で準備してください。購買スペースもありませんし、原則お金は持ってこないことになっています。主催者からの貸し出しも一切行えません。


集合解散場所:福井駅(詳細はこちら



■日程・定員・参加費など
 
コース・組名
期 間
宿泊数
定員
参加費
スキーコース
3月26日(金)〜3月28日(日)

2泊3

36名
各コース
26,000円
スノボコース
スキー雪の子コース
雪の子コース 20,000円
 ※スノーボードを「スノボ」と省略表記しています。

(1)参加費に、スキーセットレンタル代(持込も可)、スノーボードセットレンタル代(持込も可)、
   リフト代は含まれておりません。また、必要な方はスキーウエアレンタル代も含まれておりません。
   スキー・スノボコース:スキーセット・スノボセットレンタル代9,900円(3日間)、
            リフト代7,200円(3日間)、スキーウエア上下レンタル代4,950円(3日間)
   スキー雪の子コース:スキーセット3,300円(1日間)、リフト代3,300円(1日間)、
            スキーウエア上下レンタル代4,950円(3日間)

  ・スキーセットレンタル代(板、ブーツ、ストック
   ※持ち込みの場合、費用は必要ありませんが下記をご注意ください。(持込のルール参照)

  ・スノーボードセットレンタル代(板、ブーツ、ヘルメット
   ※持ち込みの場合、費用は必要ありませんが下記をご注意ください。
(持込のルール参照)

(2)上記すべてのコース・組でスキーウェア・ズボンのような防水防寒着
   防寒防水帽子手袋必要です。数に限りがありますが、必要な方は、
   レンタルも承っております。

(3)スキー雪の子コース/雪の子コースは、長靴必要です。

持込のルール(※1)
持込の場合、レンタル費用はかかりませんが、セット内容全てを持参することが必要です。
また、参加者自身運搬管理をすることが条件となります。
(置き場所等は当日現地にて口頭で伝えます。)
全てを持参できない場合やお子さん自身で運搬管理ができない場合は、所有物があってもレンタル代を
お支払い頂き、レンタルください。当日、忘れた(持ってこなかった)方や自己運搬管理が難しいと
判断される場合はレンタル代を当日にご請求させていただく場合もありますので、予めご了承ください。
(当日手配・直近手配は難しいと予めお考えください。※2も参照ください。)

持込のルール(※2)
スキーセットでは”ストック”、スノボセットでは”ヘルメット”は安全指導の上で必ず必要です。
「別になくてもいい」という自己判断は原則お断りしています。
当日に無い場合は、レッスンを中止または、レンタル代の全額を請求させていただき、
当校の手配したレンタル品を使用します。尚、当日手配は、レンタル品が在庫切れという
可能性があります。その場合はレッスン中止返金等は一切行いません。)となります。

<活動内容>
 【スキーコース】
 スキーの活動を行うコースです。1日目は午後、2日目は午前・午後、3日目は午前の活動となります。
 トモダチづくり活動などの協働生活を通じて、いろいろな出会いと交流を大切にし、自然体験活動や
 レクリエーション活動も組み合わせ、"自立心"と”感受性”豊かな子どもたちを育てます。

 【スノボコース】
 スノボの活動を行うコースです。1日目は午後、2日目は午前・午後、3日目は午前の活動となります。
 トモダチづくり活動などの協働生活を通じて、いろいろな出会いと交流を大切にし、自然体験活動や
 レクリエーション活動も組み合わせ、"自立心"と”感受性”豊かな子どもたちを育てます。

 【スキー雪の子コース】
 スキーと雪遊び&スノーアドベンチャーを組み合わせたコースです。1日目の午後と3日目の午前に
 スキー活動を行い、2日目の午前・午後に雪活動を行います。トモダチづくり活動などの協働生活を
 通じて、いろいろな出会いと交流を大切にし、自然体験活動やレクリエーション活動も組み合わせ、
 "自立心"と”感受性”豊かな子どもたちを育てます。

 【雪の子コース】
 雪遊び&スノーアドベンチャーを組み合わせたコースです。1日目の午後と2日目と3日目の午前に
 雪活動を行います。トモダチづくり活動などの協働生活を通じて、いろいろな出会いと交流を大切に
 し、自然体験活動やレクリエーション活動も組み合わせ、"自立心"と”感受性”豊かな子どもたち
 を育てます。


交通費について>
 各コース・組とも上記参加費に交通費は含まれておりません。「往復の交通」をご参照ください。

<参加費に含まれる内容>

宿泊費、飲食費、施設使用料、設備・器具・備品等消耗品費、教材消耗品費、傷害保険料、
参加者サポート費(人件費含む)、指導費、消費税(金額に含む)、その他必要運営経費


定員について>
 ※定員は目安となっています。
   全体の運営人数調整によっては増減することがありますので、ご了承ください。




■往復の交通について
下記の集合場所から当校担当スタッフ数名が引率します。(解散についても同様です。)
基本は当校が委託した貸切バスで各集合解散場所の送迎を行いますが、人数の増減によって公共交通機関や当校所有車に変更する場合もあります。

集合・解散場所 詳細場所※ 集合時間 解散時間 費用(往復)
JR福井駅
駅東口(アオッサ[AOSSA]側)
ロータリー内バス駐車場付近
9:40 15:15 3,850円
参加確定された方に、事務連絡通知書(最終)にて詳細集合解散地図
  および集合解散場所までの交通案内を同封します。


 
■お申し込み方法と参加までの流れ

@定員状況の確認
ホームページなど、参加にあたっての資料すべてを承諾・賛同・同意されてから空き状況を電話で確認ください。

Aお申し込み
空きがあれば、お申し込みください。ホームページ内の申し込み専用フォームを利用してお申し込みください。 (申込後、約3日以内に入金が必要です。指定期日は厳守ください。)

申込者様が申込書を送信され、正常に申込受付がされると主催団体より振込案内書(参加申込受付書と併記)がメールされます。
その案内メールに振込金融機関先と入金期限が記載されています。


B当校事務局より[参加申込受付書及び振込案内書(兼ご請求書)]をメールで送信します。[参加申込受付書及び振込案内書(兼ご請求書)]に記載の参加コース、日程、集合解散場所、ご請求費(内訳含む)などをご確認ください。

※[参加申込受付書及び振込案内書(兼ご請求書)]が土日祝及び業務時間外を除く1日内程度(24時間内程度)でメールで届かない場合は当校まで確認ください。
 (申込時のミスや不備により、申込が正常に到着していないか、メルアドミスなどによってメールが正常に届かない状態の可能性もあります。)
  
申込内容と金額内訳確認後、[振込案内書]に記載してあります期日申込後約3日目安です。)までに参加費・交通費等の入金手続きを行ってください。

期日までに入金されない場合は、申込受付無効となってしまいます。(無連絡キャンセルや未入金キャンセルは、他の参加希望の方や当校が迷惑しますのでお止めください。)参加申込=ご入金が必要とご理解ください。

  (A)参加費等の入金をもって本受付となります。
    振込用紙の控(振込利用明細)を領収書にかえさせていただきます。
  (B)振込用紙の控(振込利用明細)、参加申込受付書、募集要項・参加契約書、
    参加申込書の控はキャンプ・合宿終了後まで大切に保管ください。

C本受付(参加の承諾)
入金が確認でき次第、本受付となった方には、参加を承諾する証明書[参加承諾書・入金確認書]をメールにて通知します。ネット申込の方は、申込時に登録いただいたメールアドレス(以下”メルアド”と記載します。)にメールで通知します。

入金後数日間が過ぎても(目安は、当校休業日を除く3〜5日)メールで[参加承諾書・入金確認書]が届かない場合は当校までお電話ください。

当校からは、メールで[参加承諾書・入金確認書]を送信したけれども、ご家庭の機械の故障や通信トラブルなどにより届かない、届いているが見ていなかった、メールのあけ方が分からなかった、ご家族のどなたかの携帯メルアド・PCメルアドなどで登録してしまった→確認するのを忘れていた(分からなかった)ということも考えられますのでご注意を!

[参加承諾書・入金確認書]とは、「入金の確認がとれました。参加を承諾します。」というお知らせ通知ですので、そのお電話で口頭にてお伝えする場合もあります。



D事務連絡通知(最終)
参加にあたっての[事務連絡通知(最終)]を出発2週間前ぐらいまでに郵送します。集合場所の詳細や最終持ち物等、参加当日に必要な事項や様々な環境や状況変化に伴う最終の情報が記載されています。
そちらをご覧いただきまして当日の準備を行ってください。

当校発送日に本受付になっていない方(参加費等の入金が確認できていない方)は入金の確認が済み次第の発送になるため到着が遅れる場合があります。
また、出発日まで2週間以内でのお申し込みの場合、[参加申込受付書][振込案内書]と[事務連絡通知(最終)]を一括送付させていただく場合があります。

万が一届かない場合は郵送会社等の郵送トラブルの可能性がありますので、大変恐縮ですがご連絡ください。

Eキャンプ・合宿に参加
日時や集合場所、変更事項などを再度お確かめの上、集合場所にお集まりください。






■お申し込み後のコースや組、集合解散場所などの変更について
お申し込み後、自己都合により参加コースや組、集合解散場所などの変更を希望される場合は、
以下の流れにそって手続き願います。
  @ 電話にて、変更希望の日程やバスなどの空き状況を確認ください。
  A @にて
  <空いている場合>
   当校より変更についてのご案内を行います。原則、口頭での既存書類訂正手続きを行い、大きな変更
   の場合は別途手続きの案内を行う場合があります。
   大きな変更を伴う場合は、「日程等変更依頼書」(任意書式)として作成しメールかFAXにて期限内に
   お送りください。その後、新日程や新集合解散場所の案内、参加費等の差額案内書類をお送りします。
   (受付書等の資料再発行には、事務手数料550円/通が必要になる場合がありますので
    予めご了承ください。)

  <空いていない場合>
   「別の日程や集合解散場所を再度検討」か「キャンセル」の手続きをお願いします。

ご注意ください
日程変更はキャンセル料金が発生する前のみ、変更が可能となります。しかし、キャンセル料金が発生する期間に変更を希望される場合は、最初に申し込まれた日程のキャンセル手続き(任意書式「キャンセル願い」をメール(FAX)送信、正式着信後にキャンセル料金の精算)をとっていただき、上記@Aの流れをとっていただければ可能です。



■キャンセルについて
参加申し込み後、自己都合によりキャンセルされる場合はできるだけ早めにご連絡ください。
(別の方に参加を勧めていただくこともできます。その場合はこちら
また、キャンセルされる場合は下記の内容で「返金手数料」または「キャンセル料金および事務手数料」
が必要となりますので予めご了承ください。

 キャンセル手続き方法

  @まずは電話にて連絡ください。
こんなときは・・・
当校休業日や受付外時間にキャンセルをしたいことになった場合は、任意書式で構いませんので、タイトルを「キャンセル願い」として「名前・住所・コース・組名・日程・集合解散場所・送信日・キャンセル理由」を記入し、返金先金融機関情報「金融機関名・支店名・口座番号・口座名義」にフリガナをつけて記載し、メールかFAXの書面にて当校まで送信ください。正式着信すれば、その日をキャンセル申請日とします。
そして、直近営業日・営業時間に、必ず電話で確認を行ってください。(書面が16時までに正式到着しないと翌日扱いとなります。)
  A当校よりキャンセルについてのご案内を行います。
    任意書式に「キャンセル願い」とタイトル書きし、上記『こんなときは・・・』の必要事項を記入し、
    メールかFAXの書面にて期限内に当校まで送信ください。「キャンセル願い」が当校に正式到着する
    までは、キャンセル本受付になりません。ご注意ください。

 自分はキャンセルだけど別の方に勧めて参加してもらいたい場合

  @電話にてキャンセルの旨と別の方に参加を勧めたい旨を連絡ください。
  A別の方(新たに参加予定の方)からの参加申込書を当校に申請ください。
  B到着・内容確認(ヒアリング含む)の電話を新たに参加予定の方からしていただき、
    問題がなければ参加を受理させていただきます。

   (注)アレルギーや障がい、その他などで受入れが困難な場合は参加をお断りさせていただくことも
      ありますので、予めご了承ください。参加費などのやりとりは参加者様側でお願いします。



 キャンセル料金

参加費およびその他一切の費用に対して下記キャンセル料金が必要になります。
【当日、前日、前々日以外は開催日の前日から起算してさかのぼっての日数】
(各日の16:00以降は翌日扱い)
30日前から8日前
7日前から3日前
前々日
前日
当日
40%
50%
60%
70%
100%
  尚、上記料金より別途返金送料と返金事務手数料として一律一人につき1,100円申し受けます。

 解約手数料

キャンセル料がかかる前に解約した場合
【開催日の前日から起算してさかのぼっての日数】
(各日の16:00以降は翌日扱い)
お申し込み後〜31日前
一律1,100円/人

※キャンセル時の返金につきましては、キャンセル申請書が当校に到着してから
  1ヶ月以内に返金の手続きを行いますので予めご了承ください。

注)「空予約(からよやく)」は絶対にしないでください。キャンセル料が発生する前に参加を取り消す場合は、各種事務・業務の経費および手数料、金融機関に返金する返金手数料などとして返金手数料(一律1,100円/人)を申し受けますのでご了承ください。
しっかりと開催日の自己・学校スケジュールの確認や本人および関係者の意思を確認の上お申し込みください。怪我、病気などいかなる理由でも異議、申し立ては受付けません。


■手数料等について
以下の場合は手数料が発生しますのでご注意ください。
 1.ご入金いただいた費用の一部を返金する場合…事務手数料1,100円/人
 2.書類を再発行する場合…事務手数料550円/通
    (例:組移動などで費用の変更に伴って参加申込受付書を再発行する場合など)
 3.保護者様から連絡いただいた口座情報等の間違いにより、金融機関から手数料を請求された場合…
   当該請求額に応じてお支払いいただきます。
 4.上記以外の場合にも社会通念上、保護者様のご負担によると判断される諸負担金を請求させて
   いただく場合がありますのでご了承ください。
 5.返金額が手数料を下回る場合はお返しできません。予めご了承ください。



■飲食について(アレルギーなど)
食べ物アレルギーに関しましては、申込時など事前に必ず連絡・相談ください。原則個別対応ができませんが、お子さんのアレルギーの状態(軽度な場合など)によっては対応ができる場合があります。また、ご家庭や宗教上などの関係で食べられないものがある方も同様です。必ず参加申込書にも記載ください。


■身体について(アレルギーなど)
アトピーやぜんそくなどの持病に関しましては、申込時など事前に必ず連絡・相談ください。常備薬がある場合は対処法、注意点などを詳しく伺い、対応策を準備します。必ず参加申込書にも記載ください。重度のアレルギーや常時の個別対応を要する症状を持っている場合は対応できかねますので、予めご了承ください。


■常備薬について
アレルギーや持病などで薬を処置する必要がある方は、申込時など事前に必ず連絡・相談ください。必ず参加申込書にも記載ください。キャンプ・合宿当日、必要な場合はお持ちください。原則、薬は自己管理でお願いします。ただし、学年が小さいお子さんなどの場合はご相談いただければ、こちらで管理することができますので、集合時に薬(何の薬か、処置方法、量、時間帯など)の情報をメモにつけてお知らせください。


■伝染・感染症病について
参加前に伝染病・感染病などにかかり、完治していない場合は、参加者本人が元気であっても他の方々に感染する恐れがあるため、参加をご辞退ください(自己都合キャンセル扱いとなります)。以上のような恐れがある場合は、たとえ参加希望があったとしても参加受入れをお断りする場合がありますのでご了承ください。(社会通念上、自己でキャンセルする必要があると認められるため自己都合キャンセル扱いになります。)参加当日の場合であっても同様ですのでご注意ください。

尚、当校に承諾なしで未完治で参加し、他の方々に感染させた場合は責任を負っていただく場合がありますのでご了承ください。



■夜尿について
夜尿が心配な方はまずはご相談ください。
毎回、夜尿を心配する参加者本人、保護者様は多くおります。
その方々は、以下のようにし心配をクリアにしています。


 ■
おねしょパンツを持参。(着脱は他の子どもたちの目に届かない様、スタッフルームで対応できます。)
 ■寝る前のトイレ確認は必ず行っています。
   ただし、以下の事項に関しましては対応できかねますのでご了承ください。
   ・夜中に起こし、トイレに連れていく。
   ・おねしょシーツを持ってくる。
    (シーツがずれ、機能しにくい。
     他の参加者に分かってしまい本人が恥ずかしい思いをする可能性がある。)
   ・その他、当校の判断によって対応できない事柄

対応できかねる事項を参加当日に依頼(書面含む)された場合、参加受入れまたは、ご依頼をお断りさせて
いただきますのでご注意ください。尚、参加受け入れをお断りさせていただいた場合でも上記の場合は、
当日の自己都合キャンセル扱いとなりますので予めご了承ください。



■お風呂(入浴)について
施設にはシャワーやお風呂などの設備はあります。当日の天候や活動による過度の汚れ、またアトピー性皮膚炎などの疾病を考慮した上で当校側が必要と判断した場合は適宜入浴をします。ただし、野外教育活動であることを鑑み、その上で衛生面を確保できると判断した場合は、入浴しないこともありますので、予めご了承ください。


■集団活動が困難なお子さん、障がいをお持ちのお子さんについて
集団活動が苦手、協働生活の学習目的を受け入れられないお子さん(新しい仲間をつくる努力ができない。強い口調や威圧的な態度で他人と接する。チームの団結に協力できないなど。)は、参加をお受けすることができません。

また、障がいなどをお持ちのお子さんに関しましては、原則対応ができませんが、お子さんの状態によっては対応できる場合がありますので、一度ご相談ください。必ず参加申込書にも記載ください。場合によっては保護者様と相談の後、当校担当スタッフがお子さんと直接お話などをさせていただくこともあります。

尚、参加当日に連絡された場合(書面含む)には原則参加受入れをお断りさせていただきます。また、当校に承諾なしで参加し、他の方々に迷惑になったり、集団生活が困難な場合や正常な運営を妨げると判断した場合には保護者の方にお迎えいただきますのでご了承ください。
(お迎えいただく費用は全額自費負担願います。参加費等の返金は一切行いません。)



■安全および傷害保険について
キャンプ・合宿などの野外活動は、安全・安心第一です。当校では、活動場所の下見と安全対策を徹底し、様々な状況や環境での安全対策、事件・事故につながる恐れがあるリスク管理を予防から対策、対応までを当日はもちろんのこと日々研究しています。

しかし一方で野外活動の重要性は、「多少のリスクを恐れないこと」でもあります。そのバランスがとても大切だと考えていますので野外活動では、軽度の怪我やストレスなどを負うことは予めご理解ください。軽傷の場合は、施設の保健室で手当を行います。重症や大事をとって検査する場合などは最寄りの病院に搬送します。

しっかりとしたサポート体制がありますので、保護者の方がおられないキャンプ・合宿中でもご安心ください。

また、救急救命救護法の国際資格を取得した当校スタッフが万全の体制を整えています。そして万が一に備えて当校で下記の通り保険に加入しており、その保険の範囲内によって入院費や通院費を補助します。


当校が加入する保険
契約保険会社 株式会社 損害保険ジャパン
最高限度額 1名 1億円または1事故2億円(均等割)
入院:1日3,000円 通院:1日2,000円(免責あり)
対象期間:当該日から180日以内の入院・通院
限度日数:通院の場合90日、入院の場合は通院と合わせて180日
※当該者の方に別途、電話でご説明と保険会社からの詳細資料の送付を行います。


■キャンプ・合宿の当日、病院にかかった場合について
期間中にケガや病気に遭遇した場合(あきらかな軽傷除く)は、保護者の方との相談の上で最寄りの病院で診察を受けます。その場合の費用に関しましては一旦、当校で立て替えますが解散時等でお支払いをお願いいたします。

状況によっては、保護者の方に連絡相談の上、帰宅願う場合もあります。その場合はお迎えいただくようお願いいたします。
保険会社の審査により傷害保険が対象となると判断された場合は、保険内容により支給を受けることができます。
詳細についてはお問い合わせください。



■当日の参加者責任について(下記のような場合は、保護者様の責任の下で対処ください。)
参加者の責任に帰すべき事項は保護者様の責任として対処ください。キャンプ・合宿中に参加者(お子さん)が、故意に起こした事故、事件(相手に怪我(重度の心神傷害含む)を負わせた、窃盗、備品損害など)、送迎時(親御さん同伴中)のトラブルなど。


■指導者・スタッフについて
指導者・自然体験指導員の多くは、適切な研修や講習、試験を合格し、資格を有する専門家です。また、安全安心のための国際救命救護法の国際資格保持者が常時同行しております。そして主催者スタッフ・指導者に対しても研修会を設け、技能の習得や子ども達との接し方についての考え方を話し合いながら指導しています。


■参加者の相談員(ボランティア)について
当校主催のキャンプ・合宿事業には、子どもたちの相談相手やサポーターとして「相談員(カウンセラー・リーダー・サポーター)」という者が活躍しています。相談員(カウンセラー・リーダー・サポーター)の多くが、自然体験活動リーダー(CONEリーダー)などの資格を保持しています。

また、当校はボランティア相談員に対しても研修会や勉強会、ミーティングを設け、技能の習得や子どもたちとの接し方についての考え方を話し合い(ボランティア相談員キャリアアップ制度)ながら指導しています。



■指導方針と接し方について
キャンプ・合宿中は、「五ヶ条ルール」と「生活の基本心得」を中心に活動します。もし守れないとイエローカード(注意)レッドカードが出され活動中止(話し合い活動)になります。(キャンプ・合宿中は、スキーやスノボ、雪遊びなどアクティビティーなプログラムだけが活動ではなく野外炊飯(または自炊。

考える気持ちがない」「実践しようとしない」「努力をしない」、何度もイエローカード(注意)により他の子どもたちの迷惑になると当校管理運営責任者が判断する場合は、帰宅していただくこともありますのでご注意ください。(保護者の方にお迎えいただきます。お迎えいただく費用は全額自費負担願います。参加費等の返金は一切行いません。)

また、本キャンプ・合宿は、グループや参加者同士で注意し合う、助け合う、支え合う、協力し合うという「集団生活のこころえ」を守ることも実践しています。よって、グループごとや組・コース全体が活動中止(話し合い活動)になる場合もあります。子どもの年齢や理解度、協調性の習熟度によって「分からない」「実践できない」伝えても「理解できない」という場合もあります。そのような場合でも、がんばる気持ちや努力をしようとする場合は、今回できなくても次回できると信じてOKしますので「分からない」「できない」から参加できないのではなく、お子さんが「分かる」ように「できる」ように、という第一歩やチャレンジとしてご理解いただくと幸いです。

幼児・低学年のお子さんから参加ができる本キャンプですが、本キャンプの主旨である”自立心”と”生きる力”を育むという理念のもと行っていますので、ご理解いただくようお願いします。



■グループ(班)構成について
グループ構成については、様々な地域・年齢間や新しい出会いの中での交流を通して生まれる学習環境を重要視しており、幼児・小学低学年から高学年の参加者がバランスよくメンバーになることや多地域の参加者、様々な生活環境の違う参加者がメンバーになることを推進していますので、主催者にお任せいただくようお願いします。

(各キャンプ・合宿ごとの目的、主旨、環境や参加者の状況(年齢、学年や自立・自律心、協働の習熟度、知識・技術度、経験度など)、そのほかの状況によって最良となるようにその都度考えています。)

また、一人で参加するお子さんが孤立しないように心がけています。



■集合・解散時間厳守について
ご自宅等から集合解散場所の間に渋滞や公共交通機関トラブルがあるかもしれないという予想のもと、当日時間余裕をもった送迎をお願いします。

全体の運行に支障が出ますので、集合時間に遅れた場合は、いかなる理由があっても当日キャンセル扱いとして、バス等は定時発車します。また、解散につきましては、解散時間5分以上遅れた場合は、原則スタッフがお子さん(参加者)の付き添いができません

お子さん(参加者)の解散時間以後、一切の責任を負いませんので、くれぐれも解散時間に遅れることがないようお願いします。



■持ち物について(参考)
詳細は、参加が確定した方に「事務連絡通知(最終)」にて最終連絡をします。
変更になることもありますので、必ず最終書類で確認ください。
持ち物には全て、フルネーム(できるだけ、分かりやすい所)で記名をお願いします。
◆1日目の昼食(お弁当) ◆マスク ◆水筒 ◆ハンカチ・ティッシュ ◆洗面用具 ◆下着 ◆靴下 ◆長そで・長ズボン ◆リュックサック ◆上履き ◆筆記用具 ◆名札 ◆タオル ◆ビニール袋
◆帽子
(雪の環境では防水・防寒帽子などが必要です。注:雪活動中は、キャップやハット等では困難です。)
◆手袋
(雪の環境では活動中スキー用グローブなどが必要です。注:雪活動中は、毛糸の手袋等では困難です。)
◆防寒着
(雪の環境ではスキーウェア・ズボンなどが必要です。注:雪活動中は、防寒・防水でないと困難です。)
◆外履き
(スキーなどの活動中は、専用スキーブーツを使用します。)
注:雪活動中は、防水&丈長靴でないと困難です。
◆必要な人は常備薬 ◆健康保険証の写し ◆やる気と勇気


■持ち込み禁止物
携帯電話(スマートフォン・アイフォーン含む)、携帯ゲーム類、カメラ類(動画・静止画等撮影機器含む)、マンガ・雑誌類、携帯ラジオ・ヘッドホンステレオ類、マッチ、ライター、刃物類、お菓子、装飾品、貴重品、その他野外活動・集団生活・学習上不適切なものなど。


■おこづかいなどキャンプ・合宿中の所持金について
期間中は、お金を使用できる場所には行きませんし、参加者がお金を使用することは禁止していますので、おこづかいは持たせないでください。尚、持って来たお金につきましては、こちらからの管理は行いませんので自己責任でお願いします。


■悪天候など開催中止について
大雪・風・雨などの予報がでている場合、野外活動に支障があるときは施設での活動を中心に行いますので、基本的には中止になることはありません。
(詳細は、「募集要項・参加契約書」の「初めての方へ」内項目
「悪天候(大雪・雨天時などの場合の開催について」
こちらを参照ください。)

また、雪不足のため予定しているスキー・スノーボード・雪体験会場を予告なしで変更する場合がありますので、予めご了承ください。開催前までに雪不足などにより開催中止と判断した場合は、前日の17時までにその旨を連絡します。(つながらない場合は、着信履歴や留守録のみにさせていただきます。)


<雪不足での開催中止の場合>
予備日が設定されている場合
そのままスライド開催します。
予備日も雪不足で開催中止になった場合は、”予備日が設定されていない場合”になります。
予備日が設定されていない場合・・・返金事務手数料1,100円を差し引き残金を返金します。

<その他の開催中止の場合>
天災(地震、台風、洪水、火山の噴火、土砂災害によって現地周辺や現地施設に被害がある場合)、
各集合場所から現地に向かうために利用する道路の全面通行止め、主催者が危険と判断するテロ・紛争など
有事の出来事などの場合は、中止となります。このような、やむをえない理由でキャンプ・合宿が事前中止になる場合は、
参加費その他一切の費用に対して(20%+1,100円)を差し引き残金を返金します。
また、開催後に、途中中断や途中中止になる場合は返金ができませんので予めご了承ください。



■個人情報保護について
参加者・資料請求者から取得した氏名、住所、年齢等の個人情報は当校の方針に基づき管理・保管しており、
  参加者・資料請求者の方の同意を得た者以外の第三者に提供、開示等は一切致しません。
  ただし、傷害保険に加入する際、一定の情報を保険会社に提示することは予めご理解ください。

今後、当校より各種案内などを郵便物等により参加者・資料請求者に送付させていただく場合がございます。
  また、参加者・資料請求者の申し出により、これらの取り扱いを中止させることができます。

活動中などに撮影しました写真(画像・映像・音声含む)やいただいたご意見・ご感想などは、
  ホームページなどの資料に使用する場合がありますので予めご了承ください。
  もし、写真などの利用について問題がある場合は、申し込み時などにその旨ご連絡ください。




<お問い合わせ・お申し込み先>
NPO法人 アルクス教育研究所

日本アルクス自然学校
(福井本校)
〒912-0131 福井県大野市南六呂師169-124 自然楽舎内
TEL 0779-67-1239 FAX 0779-67-1231

http://www.arukus.or.jp

Top




Camp Agreement.
Copyright (C) 2021 NPO Japan Arukus Nature School. All rights reserved.
日本アルクス自然学校
掲載情報の著作権は提供元企業・団体等に帰属します。無断転用を禁じます。